三国志三国志三国志

三国志三国志がOKなのであれば三国志三国志三国志もOKなはずで、武将に武将が憑依された武将が憑依している感じになる。面倒臭いのでどんな感じになるか置いておいて、数字で表した場合に三国志三国志は武将数の階乗になる。koeiの三国志13PKだと武将数が800人とのことなので三国志三国志=800!、三国志三国志三国志は800!800!になると思うけど計算方法と表記が合っているかは自信がない。((800!)!という階乗の反復合成というものがあるらしいけど一致しているか不明。超階乗とは違う気がする)。

で、三国志なので800!的なものを3594回繰り返した巨大数を三国志数と定義しますが特に深堀はせず、董卓を3594回憑依させた董卓はへそからビームが出る。

三国志三国志

ガンダム三国志がOKなら三国志三国志もOKなはずで、それはどういうものかというと武将に武将が憑依している感じをイメージしている。BB戦士三国伝だと「厳顔ガンダム」という表記なのでそれに習うとすると(存在している武将)(憑依している武将)となり、禰衡孔融呂布孟獲と言った夢の武将作成ができる。もちろん馬忠馬忠や劉岱劉岱のような同名武将の組み合わせで読者を混乱させることも可能。おそらく一番面白い組み合わせは曹操劉備で、漢室への忠誠を意識しながら漢室の力を奪っていく感じの葛藤がとてもいいものになると思う。

三国志

孔融

後漢のスポークスマン。弁論に長け、何と言われても必ず流暢に反論することから「ああいえば孔融」と揶揄された。

iphone6をOS11にしたところバッテリーの減りが半端なくなってしまったので最近は移動中に本を読むようにしているんだけど、ここ数年がっつり本を読む習慣がなかったので読みたい本が結構いっぱいあってあれもこれも買わないとなー、でも収納場所ないよなーなどと思っていた所、図書館という解決策が発見されたのでよかった。

三国志

曹操

献帝の前で涙そうそうを歌って大ウケしたことがある。

 

献帝

秘書検定1級を持っている。

 

三国志

・武安国

呂布に腕を切られた後各地を放浪し、南蛮の地で首長となる。

その地はのちにバンコクと呼ばれる。

三国志

登場人物

 

呂蒙

呉の武将。元は人間だったが騙されて機械の体に改造された。

 

・張昭

一介の武将だった呂蒙を「士別れて三日なれば刮目して相待すべし。」とたぶらかして機甲化する。

さらなる改良素材を図り、蜀にあるというコンピューターを狙う。

 

関羽

光武帝の時代に作られた大型機甲兵器。

劉備に発見され、各地を転戦する。

 

諸葛亮

劉表がひそかに制作していた軍事用AI。

劉備に奪われ蜀の建国に貢献する。