三国志

孔融

後漢のスポークスマン。弁論に長け、何と言われても必ず流暢に反論することから「ああいえば孔融」と揶揄された。